溜池旧車模型部 自動車模型と共に三十余年。思い出備忘録的徒然回想等

最近のコメント
こんなんでましたけど…
職人 02/17 05:04
topteamさまこ…
sakachew 06/15 22:53
今晩は いつもお世話…
topteam 06/15 22:17
大家義胤先生はじ…
sakachewこと坂中善之です。 03/28 21:29
遅ればせながら、見せ…
大家義胤(ドライバーでした) 03/28 20:13
minocarsさま…
sakachew 01/21 17:20
いやぁ、久々の更新で…
minocars 01/21 16:54
赤バンさまはじめまし…
sakachew 04/12 14:31
はじめまして、 …
赤バン 04/12 14:05
サカチュウ様、お久し…
マサぼう 02/08 00:15
Anikiさん毎度で…
sakachew 02/02 13:14
いやぁ~こんなクルマ…
Aniki 02/02 12:13
akihiroさんこ…
sakachew 01/31 18:42
こんばんは、会場でお…
akihiro(原エモン) 01/31 17:56
兄貴さん御無沙汰して…
sakachew 01/06 15:54
最近のトラックバック
歴代スカイライン
06/05 18:21
歴代スカイライン
06/05 18:16
JavaScriptを有効にしてください。

確定申告のあとで…。

ずーっと雑用所用をこなしているうち早くもひと月更新出来ずにおりスミマセン。
またひとつ、齢を重ねてしまいました。
 
…私が物心つく頃の、昭和元禄な世の中に興味があります。
音楽も、クルマも、そしてカーモデルも。
当時の雑誌等を観ていて、その時代の雰囲気に憧れます。
また、その頃の花形レーサーとして、故福澤幸雄氏の後追いファンでして、数年前から少しずつ研究しております。
 
60年代のサーキットヒーローといえば生沢徹氏が第一人者ではありますが、
氏の活躍の陰で早世・夭折した人に、より興味をもっております。
サチオのON(マシン上)/OFF(デザイナー/モデル・芸能活動)における表情の違いがまた魅力だったりします。
今で言うところの「イケメン」の元祖的な人でした。
現在でも存命だったならば、最高にイカした素晴らしい紳士であった事でしょう。
 
月曜(3/17)は日頃お世話になっている友人氏と税務署で確定申告へ行ってきました。
例年同様、最終日は結構込んでいました。

 
諸所用が早めに終わったので、友人氏のゴチで鵠沼の三笠会館なるところで
私のガラにもなく高級ランチを御伴させて頂いた後、
私がサチオファンであることの話をしているうち、
私が「せっかく藤沢に住んでいるのだから、一度は嘗て彼の住んでいた場所(鎌倉市某所)を訪ねてみたい」、と言ったら、友人氏が
乗り気になってくれて、私が当時の雑誌で覚えていた番地をカーナビにセットして出掛けてみました。
 
…カーナビの終点あたりでクルマを停め、そこから先は徒歩で
それらしき跡地を探してみました。
あの辺りは閑静な住宅地で、特別な選ばれた人しか住めないような感がありました。
迷路のような住宅道路が多く、一つ間違えてもう一度出発点に戻った後、近くに住居案内板を発見し、改めて探索してみました。
該当する番地あたりに、やや広めのそれらしき空き地を見付けました。

 
その土地は石段を上がったところが更地になっていて、
何かの基礎だけ数年前に着工されたままのような状態でした。

 
偶々少し時間が出来たから訪れてみた訳で、特別準備していた訳ではなく、
果たして、ここで合っているかどうかは今ひとつ不明だった訳ですが、
近くの山あいの風景・ロケーションはきっと同じと確信し、
こういうところに住んでいたんだ、と肌で感じることが出来たわけです。
 
そのあとは、「サチオが亡くなった当時は富士霊園にあったお墓が、
ネットで調べたら、現在は鎌倉霊園へ移された、となってるんです」と
私が話したら、友人氏がまたまた乗ってくれて、その足で鎌倉霊園まで行ってみる事と相成りました。

 
…まあ広い広い、とてもじゃないけど見付けられたものではありません。
でもきっと良い場所にあるだろうということで、見晴らしの良い処へ登ってみました。
私のような一見さんが図々しくも管理事務所に墓番地を尋ねるのも
ナンだか憚られたので、サチオが眠る場所に来られて、そこからの眺めを見られただけでも満足なのでした。

 
それにしても、見ず知らずの私のような者が、こんな真似して良いのかな、
サチオと一緒に眠る御両親に訝られてしまうのではないかな、と
友人氏に訊いたら氏いわく、
 
「人間って、一番ツライのが、『忘れ去られてしまうこと』なんです。
だから、こうして想ってもらえることは、本人は喜んでいると思いますよ。」
 
…! 嗚呼、そうだ、確かにそうだ。
今を生きている我々とて、誰からも忘れ去られてしまうのは寂しいものですから。
  
…それにしても、墓地の小高い丘の上まで登ると、普段運動不足な身体にはチョットした
アスレチックになりましたよ。

 
日記 | 投稿者 sakachew 00:30 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2008年 3月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリ別アーカイブ
最近の記事
ホビーフォーラム20…
11/27 07:02
うれしいお便り。
06/20 15:07
リハビリ感覚でした。
03/25 19:50
ニューイヤーミーティ…
01/24 17:54
昔はフォーミュラも作…
01/14 04:09
雌伏から至福へ
01/03 13:21
溜池蔵その8:三菱・…
06/14 02:14
溜池蔵その7:マツダ…
06/12 17:06
確定申告のあとで…。
03/20 00:30
溜池蔵その6:三菱・…
02/16 05:32
溜池蔵その5:トヨタ…
02/09 12:55
溜池蔵その4:トヨペ…
02/06 17:31
溜池蔵その3:トヨペ…
02/03 18:58
溜池蔵その2:デ・ト…
02/02 16:23
溜池蔵その1:デ・ト…
01/31 16:21
ホビダス[趣味の総合サイト]